<< 幼保一体化 かすむ公約 文科省と厚労省対立/保護者も賛否(産経新聞) | main | 経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


公務員採用削減再び見送り 官房長官は21日の閣議決定目指す(産経新聞)

 政府は18日、平成23年度の一般職国家公務員の新規採用を半減する方針の閣議決定を再び見送った。総務省が各省と折衝を続けているが、削減策を進める立場の原口一博総務相は同日の記者会見で、見送りの理由として特定の1省が反発していることを挙げた。14日に続く2度目の先送りとなったが、平野博文官房長官は21日の次回閣議で決定を目指す考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は4月27日、閣僚懇談会で各閣僚に採用数の半減を指示。総務省が(1)I種(キャリア)とII種は2割抑制(2)地方の出先機関職員などは8割抑制(3)国税調査官や刑務官など専門職種は5割抑制−などの削減目標を作ったが、複数の閣僚が業務に支障が出るとして反対していた。

 平野氏は18日の記者会見で「反発があろうが何があろうが、内閣で方針を決めている。それに沿った考え方で、これは実施する」と強調。その上で、21日の次回閣議での方針決定について、「しなければならない」と強調した。

【関連記事】
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発
「まさか刑務所開放…」 法相、公務員の新規採用半減に反論
郵政正社員化6万5000人対象 11月めどに採用
来春の新卒採用5割の企業「減少」 景気は「緩やかに拡大」6割 主要企業アンケート
採用面接「部長ならできます」への考察
中国が優等生路線に?

ゾシンなど新製品の拡大で増収―大正製薬・医薬事業(医療介護CBニュース)
徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
非正規雇用 「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
平野官房長官、15日に鹿児島再訪(時事通信)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 04:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
主婦 お金
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM